« 秋のタンポポ | トップページ | 初冬のキノコ »

2008年12月 5日 (金)

チクゴスズメノヒエ

S2008nov6_16_2 チクゴスズメノヒエPaspalum distichum L. var. indutum Shinners キシュウスズメノヒエの変種とされている。S2008nov6_07 琵琶湖まわりで最近増加していて比較的並の少ない琵琶湖の湾のヨシ群落の周りに広く広がる。雄琴付近の山下湾は夏の終わり頃は埋め尽くされる。写真は3つに分岐しているが多くは2又が多い。S2008nov6_13 キシュウスズメノヒエより大柄でしっかりしている。10月6日坂本湖岸で撮影したのだがたくさん穂をつけていた。広く広がる割りに穂がでていることは案外少なくおしべと雌しべが出ていたので接写してみた。S2008nov6_08 北アメリカ原産の植物で葯の色は黒 2008nov6_09 小穗はスズメノヒエに似て毛は基部に少しあるだけでつるっとしている。 S2008nov6_12 葉鞘には余り写真では目立たないが白い長い毛が生えている。ナガエツルノゲイトウやミズヒマワリも最近目に付くようになってきている。最近、気温が下がると共に琵琶湖のカモが増えてきた。さすがにチクゴスズメノヒエも枯れ始めてきたが、やはり帰化植物のAzolla sp. が勢いが増してきて岸辺から水面を覆い始めてきた。

|

« 秋のタンポポ | トップページ | 初冬のキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のタンポポ | トップページ | 初冬のキノコ »