« 初冬のキノコ | トップページ | 浜分沼のアゾラとカモ »

2008年12月 8日 (月)

Goldeneyes

S2008dec7_05 12月7日高島の山を歩いた後今津浜に出てみた。S2008dec7_10 すでに夕方の太陽だったが、よく晴れていたので水鳥の観察には最適でした。岸に比較的近いところにホオジロガモがたくさん群れていた。琵琶湖としてはそれほど多いカモではないが、この日はざっと見て100羽近くいた。どういう訳かいつもたくさんいるホシハジロやキンクロハジロは、近くにはあまりいない。S2008dec7_09 それにすぐ潜って落ち着いてみられることは少なく写真をなかなか撮らせてくれないのだが、私の持っている機材でも何とか撮れた。夕日に金色の目が光り美しい。S2008dec7_36 顔は大きいけれど後ろから見ると意外に頭の幅は狭い。S2008dec7_21 他にはマガモやオナガガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリやその雑種と思われる個体はいた。S2008dec7_24 コハクチョウは8羽いたが南に飛び去ってしまい。1羽だけが残っていた。ウミアイサ・カワアイサもいたが11月22日に見たコクガン は見つけられなかった。

|

« 初冬のキノコ | トップページ | 浜分沼のアゾラとカモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初冬のキノコ | トップページ | 浜分沼のアゾラとカモ »