« スズメノヒエ | トップページ | 青少年のための科学の祭典京都大会 »

2008年11月 8日 (土)

小入谷のキノコ

S2008nov4_3 11月4日朽木小入谷を訪ねた。11月に入った山間は紅葉が見頃。雑木林はずいぶん明るくなってきた。S2008nov4_5 所々に立ち枯れが目立つ尾根では紅葉よりも鮮やかなキノコが群れていた。クリタケ。キノコ初心者の私でも分かる、食べられるキノコ。ちょうど食べ頃だったのでありがたく夕食にもらって帰った。S2008nov4_11 谷合の枯れ木のあちこちにはやはり食べられるキノコのムキタケ。大量に見かけたが、手の届くところにはあまりない。S2008nov4_16 皮がむきやすいのでムキタケというらしいけっこう大きなキノコで幅20cmぐらいある。S2008nov4_13 これはたぶんニガクリタケクリタケより黄色みが強く小型だ。ほかにも古くなって小さな蝿が飛び回っているナラタケやチャナメツムタケ等が見られた。去年もこの頃(2007年11月5日)この地を訪ねてナラタケとクリタケを見つけましたが今年は少し季節の進行が早いようだ。Ss2008nov4_04 切り株にでていた白くしっとりとしたキノコ。おいしそうだったが何だろう。シロナメツムタケかなとも思ったのだけど、写真だけにしておいた。

|

« スズメノヒエ | トップページ | 青少年のための科学の祭典京都大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スズメノヒエ | トップページ | 青少年のための科学の祭典京都大会 »