« 新旭探鳥会10月 | トップページ | エゾノサヤヌカグサ »

2008年11月 2日 (日)

高島市湖岸のカモ

Kiduhama2008nov1 11月1日 秋の高島市湖岸の水鳥 を調査してみました。近いうちにきちんと調査しないといけないのだが。非常にラフなカウントだが、どの辺りに、どのような種類がいるかを確認しておきたいかった。2008nov1 1月に調査をしたがまわった観察点は半分ほどだが、全体としてハジロ類が非常に大きな群で存在したこと。 オカヨシガモやヨシガモふくめ陸ガモ類が少ないこと。アイサ・ホオジロガモの比較的多く見られる場所だがまだみつからなかったこと。オオバンは1万はすでに越えている。

調査 マキノ 今津浜 木津浜
カイツブリ 0 6 7 13
ハジロカイツブリ 0 13 5 18
カンムリカイツブリ 3 33 2 38
カワウ 15 81 3 99
オオバン 0 300 10000 10300
カモメ 8 0 5 13
ユリカモメ 47 29 100 176
ウミネコ 5 0 0 5
カモの仲間
調査 マキノ 今津浜 木津浜
コハクチョウ 0 2 0 2
マガモ 120 390 250 760
カルガモ 18 180 0 198
コガモ 0 36 10 46
ヨシガモ 20 70 10 100
オカヨシガモ 100 130 25 255
ヒドリガモ 258 516 3000 3774
アメリカヒドリ 0 0 1 1
オナガガモ 0 30 2 32
ハシビロガモ 0 24 0 24
ホシハジロ 250 871 10000 11121
キンクロハジロ 220 1018 4000 5238
スズガモ 30 43 80 153
ハジロカモSP 2000 0 3000 5000
カモSP 400 500 0 900
カモ類小計 3016 3308 20378 26702
ガンカモ類計 3018 3310 20378 26706

今の時期南湖はまだカモは多くないが湖北は明らかに最盛期より数が多い。これから冬に向けて琵琶湖全体に分散、また更に南下していく群も含まれているのかもしれない。Atori 今津浜の湖岸に生えているすっかり葉を落としたオニグルミにアトリの群が来ていた。写真には1羽しか写っていないが50羽程度の群でした。今年はアトリの当たり年なのかけっこう姿をよく見る気がします。湖岸の波打ち際にも小群で下りて水を飲んでいる?姿も。

|

« 新旭探鳥会10月 | トップページ | エゾノサヤヌカグサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新旭探鳥会10月 | トップページ | エゾノサヤヌカグサ »