« ヨメナ Aster yomena  | トップページ | 秋のタンポポ »

2008年11月30日 (日)

湖北探鳥会 2008 11月

S2008nov29_oowasi 11月29日は野鳥の会滋賀支部主催の湖北湖岸探鳥会参加してきました。風もほとんどなく、小春日和の中で、参加者24名、確認種数72種。湖北の初冬の探鳥会としては非常に恵まれた条件でした。S2008nov29_17 ここの目玉は何といってもオオワシ。2回ほど飛翔も見られ、比較的見やすいところに止まってくれたので私も確認程度にパチリ。でもカメラマンのすごさはごらんの通り。

S2008nov29_41 晴れた秋空をバックにハシボソガラスがカキの実を食べていた。S2008nov29_42 日だまりにはセイヨウタンポポに混じりセイタカタンポポも咲いているし、ホトケノザ、ハナイバナ、コハコベ、ノゲシも咲いていた。カラスノエンドウも伸びていたがさすがに花はつけていなかった。S2008nov29_44 オギもヨシも枯れ始め、イヌタデ、アキノノゲシ、ヨメナなど秋の花はさすがに勢いがなくなり始めていた。S2008nov29_61 センター前はオオヒシクイが集まっていた。マガモより一回り大きいガンが見られるのはやはり魅力的。 S2008nov29 名前通りヒシの実を食べている。この日は確認できなかったがマガンに、コクガンやサカツラガンも最近観察されたようだ。S2008nov29_70 コハクチョウが頭上を通り過ぎていった。

|

« ヨメナ Aster yomena  | トップページ | 秋のタンポポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨメナ Aster yomena  | トップページ | 秋のタンポポ »