« Water monitor | トップページ | サギ »

2008年10月10日 (金)

Silver leaf monkey

S2008aug25_kuala_selangor021 8月25日 Kuala Selangorの湿地にあるマングローブの林の中でガサガサと動くものがいる。観察塔から双眼鏡で探すとやっとの事で樹冠に出てきたサルを見つけた。Silver leaf monkeyだ。このサルはオナガザル科ラングール属で学名は Presbytis cristata。Borneoでも見たが高い樹上で見たきりでなかなか近くで見られないサルかと思っていた。Sdsc_9030 ところが、夕方セランゴールが見渡せる、旧市街にある「ムラワティの丘」に案内してもらって驚いた。S2008aug25_kuala_selangorbewpoint01 比較的シャイで人にはなつかないと思っていた、Leaf monkey がいっぱいいる。そして、さかんに観光客に餌をねだっている。Sdsc_9026 人も恐れない長い尾を踏みそうになるほどだ。S2008aug25_kuala_selangorbewpoint02 子どものオレンジ色の毛も間近で見られた。人と野性の距離が近すぎる。何となく湿原で苦労して探したSilver leaf monkeyの方がいい。この付近にはもう1種類Long-tailed Macaque(カニクイザル)がいる。S2008aug26_kuala_selangorwet_land19 こちらも自然公園内にたくさんいた。S2008aug25_kuala_selangor006 こちらのサルの方がある程度人との距離をとっているような気がした。マカク属のサルなので、ニホンザルに似たところがあるが尾が長い。他に移動中の車内から、今回はブタオザルを見かけたが、割合飼育されていることが多くヤシの実取りをさせるそうな。

|

« Water monitor | トップページ | サギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Water monitor | トップページ | サギ »