« テバコワラビ(伊吹山頂の植物) | トップページ | エゾビタキ 伊吹2合目 »

2008年10月 6日 (月)

伊吹のハナワラビ

2008oct4_1 ハツキイヌワラビAthyrium x pseudo-iseanum (ホソバイヌワラビ×タニイヌワラビこの写真はサキモリイヌワラビとの雑種ニセハツキAthyrium x inabaense かもしれない。)伊吹一合目までの杉林はサキモリイヌワラビ、タニイヌワラビ、ヒロハイヌワラビ、カラクサイヌワラビ、ホソバイヌワラビ、ヤマイヌワラビが群生している場所がある。その杉林にオオハナワラビBotrychium japonicumがひっそりと葉を広げていた。S2008oct4_12 この個体は普通に見られる典型的なタイプ。3回羽状に深裂している。右辺の先は尖っている。S2008oct4_1 近くに生えていたこちらの個体は更に切れ込みが深くなっている。見かけフユノハナワラビにも似てくるが葉の先は尖り柄には長く柔らかい毛が生えている。胞子嚢穂30cmほど。同じ場所に胞子葉を付けない葉が生えている。S2008sep20_34 こちらは東近江市の猪子山で見たもの。葉の切れ込みは深いが、葉先は丸く毛はない。S2008oct4_3 2合目の林道脇に、すでにナガホノナツノハナワラビBotrychium strictumがまだきれいな胞子嚢穂付けていた。時期的にはかなり遅い気がする。他にもナツノハナワラビの胞子嚢穂の枯れたものも残っていた。S2008jun28_25 6/28に伊吹山麓・大久保で見たナガホノナツノハナワラビ。本来なら胞子葉は枯れていて、せいぜいはだけ見られるのが普通なのに。S2008oct4_06 山頂付近では別の種類エゾフユノハナワラビBotrychium multifidum  var. robustum がすっかり黄色くなった草原で比較的大きな葉を広げていた。S2008oct4_08 羽片の先は丸く葉縁が巻き込むようになっている。S2008oct4_09 毛は少ないがフユノハナワラビと違い少しはある。今年は胞子葉を付けた葉が見つけられなかったが伊吹山頂付近のシダに去年撮影した胞子葉を載せてある。

|

« テバコワラビ(伊吹山頂の植物) | トップページ | エゾビタキ 伊吹2合目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テバコワラビ(伊吹山頂の植物) | トップページ | エゾビタキ 伊吹2合目 »