« ツルリンドウ | トップページ | イワヒメワラビとコバノイシカグマ »

2008年10月21日 (火)

イナカギク

S2008oct18_03 朽木村を車で走っていると山際で白い「キク」が目に着く。水田のわきは赤紫の花を付ける、ノコンギクやヨメナが多いのだが。S2008oct18_14 花は白く枝先にまとまって付き、比較的花は小さめだ。葉はここのものは切れ込みが少ない。葉の先が急に細くなることもない。 S2008oct18_19 イナカギク(田舎菊)  Aster ageratoides Turcz.キク科の多年草だ。東海以西に生え、滋賀県から京都府にかけての山間で普通に見られる。S2008oct18_16 茎や葉は柔らかな毛で覆われ、さわってみると手触りはノコンギクに比べて柔らかい。。葉柄状にならずやや茎に巻き気味になる。この辺はシロヨメナとは異なる。S2008oct18_22 植物体はほとんどが60cm程度以下だが、中には1mを越える大きなものもある。

|

« ツルリンドウ | トップページ | イワヒメワラビとコバノイシカグマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツルリンドウ | トップページ | イワヒメワラビとコバノイシカグマ »