« サギ | トップページ | モンシロチョウ »

2008年10月13日 (月)

モンキチョウ

S2008oct11_13 アキノノゲシに来たモンキチョウの雄。 雄琴川周辺は、9月の末頃から、ヒガンバナの盛りが過ぎ、キクの仲間の秋の花が目立つようになってきた。一年中モンキチョウは見かけるが、この時期一番個体数が多い気がする。S2008oct10_57 アメリカセンダングサに来た雌。 モンキチョウには色の濃いタイプと薄いタイプがいるようだ。私は色の薄い方が雌で、黄色が濃い方が雄だと思っていたのですが、季節によっても羽の色に差があるようで、黄色い雌もいるようです。S2008oct3_06 そういえば、伊吹のスジボソヤマキチョウ(伊吹の秋の植物1 )も色の濃いのと薄いのがいた。モンキチョウの食草はシロツメグサだそうだ。 S2008oct11_20 この時期モンキチョウだけでなく、いろんなチョウが目立つ。これはモンシロチョウとキチョウ。

|

« サギ | トップページ | モンシロチョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サギ | トップページ | モンシロチョウ »