« 下物探鳥会 | トップページ | 網野町琴引浜 »

2008年10月24日 (金)

ウシガエル

S2008oct21_05 衣川園地の水路で大きなウシガエルが顔を出していた。じっとしていると岩のよう。琵琶湖のまわりはたくさん生息しているようだが、警戒心が強くなかなかゆっくりと観察できない。S2008oct21_07 岩陰に入っている部分は水面の反射が押さえられ身体がよく見える。S2008oct21_08 周りを探すともう1匹いたかなり長い間じっとしていたようで背中が乾いている。S2008oct21_15 水路を見渡すと変態して間もない小ガエルがたくさんいたが、すぐに草むらや水底に沈んでしまう。大きなオタマジャクシよりずいぶんスリムになっている。変態前よりかなり一旦小さくなるようだ。S2008oct21_19 このオタマジャクシは5cm程度。このまま冬を越し来年変態するのだと思う。S2008sep26_2 この写真は雄琴の水路にいた小ガエル。  
ウシガエル(American Bullfrog) 学名はRana (Aquarana) catesbeiana 英名でアメリカとあるように北アメリカ原産の帰化動物。(1918年にニューオリンズより移入されたそうだ。)今は日本全域に分布。アカガエル科のカエルで大きさは18cm程度になるそうです。(見た感じでは20cmはありそうだが)琵琶湖のまわりのゆっくりとした水路や溜池で繁殖する。今年は見ていないが卵は水面に薄く広がる。

|

« 下物探鳥会 | トップページ | 網野町琴引浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下物探鳥会 | トップページ | 網野町琴引浜 »