« 伊吹の鳥 | トップページ | 三伏-烏帽子岳-前小河内の花 »

2008年7月31日 (木)

豊口・塩見岳のシダ

S2008jul28_34 7/27~29は鳥越林道から三伏峠を経て塩見岳を往復した。写真は、28日前小河内岳から見た塩見岳。南アルプスはかなりの高度まで樹林帯に被われ、雪も比較的少ないためか、お花畑の規模は大きくない。その上、シカが高山帯にまで姿を見せ、セリ科などから、シカが食べないマルバダケブキなどの、キク科植物が増えているそうな。S2008jul28_2チシマヒカゲノカズラ、普通のヒカゲノカズラより細くこぢんまりしている。ハイマツの下にひっそりと。S2008jul28 スギカズラ、ホソバトウゲシバもありちょっと見ると似てくるが胞子嚢の付き方が異なる。S2008jul29_16 塩見岳の岩場の影に生えていたタカネシダ S2008jul28_37 トガクシデンダ。豊口山と山北の間はシダが多い。コケで覆われた岩壁などをよく見ると小さなシダが生えている。 S2008jul29_66アオチャセンシダ S2008jul29_45 ヒメイワトラノオS2008jul28_48 ヤツガタケシノブ2008jul28_06 イナデンダ  S2008jul29_72 トヨグチイノデS2008jul29 もちろん小さいシダばかりでなく、このオオメシダやシラネワラビ・シノブカグマなども生えている。S2008jul29_23 鳥倉林道から見た豊口山。正面に石灰岩の大岩壁が見える。S2008jul29_11その岩場の一部に日本でここにしかないトヨグチウラボシが付いていた。確かにノキシノブとは異なる。大切にしないといけないシダが多い。

|

« 伊吹の鳥 | トップページ | 三伏-烏帽子岳-前小河内の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊吹の鳥 | トップページ | 三伏-烏帽子岳-前小河内の花 »