« 伊吹山頂のタンポポ | トップページ | 白山のタンポポ »

2008年6月30日 (月)

伊吹山頂付近のシダ

S2008jun14 伊吹山の山頂付近はお花畑が広がりシダ植物は多くない。6/1と6/14に観察したシダを紹介します。1つめは伊吹山の植物を代表するシダ、エゾノヒメクラマゴケ Selaginella helvetica 西南限として大切にしたいクラマゴケの仲間だ。西遊歩道の途中の石灰岩の岩陰にひっそりと着生している。S2008jun14_2お花畑内に最も多く見られるのがヘビノネゴザ   Athyrium yokoscense 。鉱山近くや他の植物が特殊な環境に生える事が多い。その他にハクモウイノデDeparia pycnosora var. albosquamata。やや毛が少ないようだ。S2008jun14_3 これはヤマイヌワラビAthyrium vidalii 高茎の草本のやや湿ったところに見られる。S2008jun14_4 タチヒメワラビThelypteris bukoensis やや他の植物より遅れて伸びてくるようだ。M氏により最近発見された珍しいシダで、近畿唯一の産地である。S2008jun1 東遊歩道の縁のやや湿った場所にわずかに見られるオシダDryopteris crassirhizoma。S2008jun1_2 ツヤナシイノデPolystichum ovato-paleaceum。滋賀県北部はほとんどがサカゲイノデが多いのだが、この山頂付近に見られるのは意外でだ。他にキヨタキシダやコタニワタリ、ツルデンダがドリーネの縁に見られる。2006sep18092 伊吹東遊歩道にはテバコワラビAthyrium atkinsonii の群生地があるのだが、まだ芽出しが見られなかった。S2006sep18108 この写真は2006年に写したものであるが夏の終わりには草原の一角がに群生する。Athyriumの仲間だが胞子嚢群は丸い。羽片は立体的になりおれやすいため標本にするとがたがたになる。S2006sep18084 もう一つ今回見られなかったシダにエゾフユノハナワラビBotrychium multifidum var. robustum がある。2006sep18100 これはその胞子嚢穂。これも夏の終わりには出てくることだろう。伊吹山頂付近は多様な種子植物は有名だがシダ植物は10種ほどが見つけられたのみ。やや下った林下、もう少し調査範囲を広げればもう少し確認種類数が増えると思われる。

|

« 伊吹山頂のタンポポ | トップページ | 白山のタンポポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊吹山頂のタンポポ | トップページ | 白山のタンポポ »