« 長野八ヶ岳周辺のタンポポ | トップページ | ケリ1 »

2008年5月17日 (土)

伊吹の春植物2008

S2008apr12_katakuri4月12日滋賀の植物好きのメンバーと伊吹山に訪れた。伊吹山の春はまだ始まったばかり。麓はサクラが満開、カタクリの群生地の大久保若宮八幡神社もちょうど見頃でした。S2008apr5_17

3合目のキバナアマナも今が見頃4月5日にも同じ所を訪ねたがその時はまだセツブンソウが残っていたが1週間ですっかりと変わってしまった。S2008apr5_33 3合目のアマナまだ草丈の低いものが咲き始めている。S2008apr12_hirohaamana22合目付近にはヒロハノアマナが群生している。S2008apr12_fukkisou3  フッキソウも変わった形の花を付けている。S2008apr12_hitorisizuka3ヒトリシズカも花を咲かせ始めている。 S2008apr12_usubasaisin3ウスバサイシン。地際に目立たない花を咲かせていました。S2008apr12_ibukisumire343これはイブキスミレ咲き始めたばかり。托葉は切れ込みがなくタチツボスミレとはかなり違った雰囲気です。 S2008apr12_ityousida2   2合目付近の岩にひっそりとイチョウシダが付いていました。昔はたくさんあったようですが、現在はほとんど見つかりません。S2008apr12_47 伊吹山麓の谷間の苔むした岩の上にはカラクサシダがありました。こちらも最近見ることが少なくなった。

|

« 長野八ヶ岳周辺のタンポポ | トップページ | ケリ1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長野八ヶ岳周辺のタンポポ | トップページ | ケリ1 »