« 湖北探鳥会20084月 | トップページ | 雑種タンポポ »

2008年4月16日 (水)

ノビタキ

S2008apr15_02 雄琴川はすっかり春めいてカラスノエンドウやホトケノザ、タンポポ類がいっぱい花を咲かせるようになった。それに対し大部分の冬鳥が去り、雄琴川の河口付近は寂しくなった。S2008apr15_04 ユスリカがいっぱいに発生し竜巻のように群れるのが見え、やってきたばかりのツバメが飛び交っている。S2008apr15_14 ムクドリも繁殖を始めたようで近くの事務所の看板に潜り込み始めた。S2008apr15_17 4月15日メル(犬)を連れて散歩していると美しい鳥が目に付く。ノビタキだ。川に沿ったヨシやヤナギのあちこちで見かける。S2008apr15_25 しばらく休憩しさらに北へ向かって飛び立っていくことだろう。S2008apr15_07 水が入り込んだ水辺にはカルガモが泳いでいた。他にまだヨシガモやオカヨシガモもキンクロハジロも少しずつ残っている。

|

« 湖北探鳥会20084月 | トップページ | 雑種タンポポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湖北探鳥会20084月 | トップページ | 雑種タンポポ »