« タンポポ調査・西日本2010講演会 | トップページ | 岡山タンポポ観察会2 »

2008年4月23日 (水)

岡山タンポポ観察会1

S2008apr2014 4月20日は岡山2日目はタンポポ観察会。朝、高梁市の宿舎「神原荘」前(高梁市松原町神原)の芝生はカンサイタンポポでなくトウカイタンポポに近いものであった。おそらく山の中に切り開かれた場所。カンサイタンポポはもともとなかったと思われる。芝か植栽された樹木と共に持ち込まれたものであろう。他にも雑種タイプのセイヨウタンポポが見られた。S2008apr2030 最初に訪れた場所は岡山県高梁市松山楢井美しい森周辺。のどかな田園風景が広がる。田の畦の斜面はカンサイタンポポに混ざりキビシロタンポポが見られる。S2008apr2058 花の色は様々シロバナに近いものからレモン色のものまで。S2008apr2060 S2008apr2064 種の色は色が濃く黒っぽい。S2008apr2012 次に訪れた場所は、高梁市松山_新見市草間。井倉洞の上部に広がる石灰岩上の台地。休耕田に生えたシロバナタンポポ。ここもキビシロタンポポが多いが、違いが比較できる。S2008apr2007 石灰岩地域らしく芽生えたばかりのヒメウラジロが水田に築かれた石垣の間に生えている。S2008apr2017 林縁にはイチリンソウが群生していた。S2008apr2006 これはチョウジガマズミ。なかなか美しいチョウジザクラはすでに花が終わり、オオバイカイカリソウが咲き始めていた。

|

« タンポポ調査・西日本2010講演会 | トップページ | 岡山タンポポ観察会2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タンポポ調査・西日本2010講演会 | トップページ | 岡山タンポポ観察会2 »