« 雄琴ヨシ焼き | トップページ | 雪の日 ベニマシコ »

2008年2月24日 (日)

雄琴川の鳥

S2008feb19ogoto08 春近くなって、雄琴川も鳥の動きに何となく変化を感じる。普段川に入ってこないキンクロハジロの雌がコガモに混じって餌をとっていた。山下湾にはたくさんのオオバンやカモがいるので珍しいわけではないのだけれど。今年は2月になって雪が良く積もる雄琴川も増減はあるが、完全に雪が消える事はないような気がする。S2008feb24ogoto08雪が多いと水田がおおわれ餌がとりにくくなるのか雄琴川のヨシ原に集まる鳥が増える。 2008feb24ogotoこの鳥はアトリ。2月24日撮影だが、このところ小群が居着いている。雄琴川では余り見たことがないのだが、これも雪のお陰かも。S2008feb13_ogoto11 ホオジロ類も見やすい。雪で隠れにくくなるせいもある。S2008feb13_ogoto21 オオジュリンやカシラダカ、アオジなどもいてなかなか見分けが難しい。雌は特に・・。あえて名前を明示するのは止めておきます。S2008feb13_ogoto24 近くの塀でスズメも群れていました。

|

« 雄琴ヨシ焼き | トップページ | 雪の日 ベニマシコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雄琴ヨシ焼き | トップページ | 雪の日 ベニマシコ »