« 雪の日 ベニマシコ | トップページ | 春日山公園のニホンアカガエル »

2008年2月29日 (金)

ニホンアカガエルの産卵 真野 

S2008feb7_02 大津市真野谷口町付近は開発の進む堅田丘陵の中で取り残されたように自然が残る一角です。S2008feb7_03 湖西バイパスで分断されてはいるがここは区画整理もされず湿田が残っている。今年2月7日ここで今年初めてのニホンアカガエルの卵塊を2個発見。大津では2月3日にやや強い雨が降りそろそろかなと思って訪ねてみた。卵塊の状況から見て今年の初産卵は4日頃と思われる。次の雨が集中産卵日かと感じていたが、その後は何度も雪が降り、山間のこの地は深い雪に閉ざされてしまっていた。S2008feb27_02雪が溶けてきた2月末の27日一番奥の湿田には40卵塊ほどが見られた。産卵後2週間程度のものから、昨晩生み付けられたと思われるものまで確認できた。2008feb27_s アオジやシロハラ、トラツグミなどが飛び交い、まだ雪の残る水田で餌を探していた。2008feb27_s_2きれいなルリビタキの雄も飛び出してきた。 

|

« 雪の日 ベニマシコ | トップページ | 春日山公園のニホンアカガエル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪の日 ベニマシコ | トップページ | 春日山公園のニホンアカガエル »