« ハチジョウベニシダ | トップページ | 三宅島へ »

2008年1月 3日 (木)

八丈島のシダ

2007dec26hachijousida 八丈といえば真っ先に思いつくのがハチジョウシダPteris fauriei。どうやら本場はこれ一種のよう。葉は硬めで海岸から谷間まで比較的多く観察できた。2007dec26hatijoukaguma ハチジョウカグマ林道脇いっぱい。大きい株がたくさん見られた。まあ本場で見てもコモチシダの大型のものとしか言いようがない気がする。2007dec27kanawarabi コバノカナワラビのようだが小型でも胞子を付けている。頂羽片もややはっきり気味。どうやらハチジョウカナワラビのようだ。学名はArachniodes davalliaedormis.のようだ。根茎はコバノカナワラビと同様あまり大きくはない。2007dec26houbisida ホウビシダも見られる。2007dec26shiroyamaこれはシロヤマシダ。2007dec26shiroyama2探したがコクモウクジャクなどはないようでした。2007dec26juumonnjishida_2 大きなジュウモンジシダも見られる。 公園内はオオタニワタリが多いが野外では1カ所自生状態を認めたが、後はほとんど植栽のようだ。期待していたシチトウハナワラビは見つけられなかった。リュウビンタイ、カツモウイノデ、ミゾシダ、ケホシダ、ヨゴレイタチシダ?、2007dec25arageアラゲヒメワラビ、セイタカイワヒメワラビ、スジヒトツバ、シシラン、オオハイホラゴケ、コウヤコケシノブ、2007dec25honnguu ホングウシダ、ホソバイヌワラビ、ナチシケシダ、リョウメンシダ 、アスカイノデ、ヒトツバ・・・。結構いろいろあるようです。でも種類は思ったより少ない気がするが個体数はどれもたくさんある。また季節のいい時期に行ってみたい気がする。

|

« ハチジョウベニシダ | トップページ | 三宅島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハチジョウベニシダ | トップページ | 三宅島へ »