« 八丈2日目三原山 | トップページ | 八丈島のヘゴ »

2007年12月27日 (木)

八丈島の野鳥

Akakokko Akakoko212月27日八丈島3日目目的の八丈島2山登頂を果たしたので、再び植物公園をゆっくり回った。目的のアカコッコは声はすれどなかなか姿を現さないやっとの事で撮影できた。やはり美しい。日本に来るツグミ類ではやはり一番かな。Mejiro2 アカコッコを待っている間に頭の上に来たメジロおそらくシチトウメジロなのだろうが見た目には分からない。Hiyodori ヒヨドリ。こいつはたくさんいる。ハイビスカスの蜜を吸いにやってきた。忙しなく動き以外に写真は撮れない。カラスバトやヤマガラもいるのだが写真は撮れない。ほかにキセキレイ、カルガモ、キジバト、ハシブトガラス、ウグイスなどを確認した。一時小雨が降っていたが昼頃に回復、気温も上がり服装のこともあるが暑いぐらい。レンタカーで島の周遊道路を走る。Chogenbou 海岸沿いの電線にはチョウゲンボウがとまっている。飛んでいるのと含めて4羽に出会った。Suzume スズメもいる。海をバックにとまっていると結構きれい。 千畳敷付近の岩にはウミウがいた。Umiu カワウと私にとって区別が曖昧だが、琵琶湖で見慣れたカワウとは違う気がする。Isohiyodori 地元の人がイソコッコと呼んでいるイソヒヨドリはあちこちにいた。この雌は虫をくわえている。バッタの仲間のような気がする。昼から硫黄沼・唐滝遊歩道を歩く。ここはカラスバトが結構いるが木にじゃまされて、写真は撮れない。ミソサザイも滝の周りに結構いた。Uguisu笹鳴きでチャチャと声を立てながらウグイスが出てきた。ムシクイ類は正直姿を見ても種類がよく分からない。三原山の昨日登った反対側を越え今日は末吉の洞輪沢温泉(無料)に入って来た。少しぬるいが長い間つかり続けられる。25日の向里温泉ふれあいの湯26日の裏見ヶ滝温泉は非常に塩辛く鉄分が多かったが、ここは海のすぐ横なのに塩っぽくない。炭酸水素塩・塩化物泉だそうだ。明日は八丈島を離れ三宅島を目指す。

|

« 八丈2日目三原山 | トップページ | 八丈島のヘゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八丈2日目三原山 | トップページ | 八丈島のヘゴ »