« 希望ヶ丘 | トップページ | ナラタケとクリタケ »

2007年11月 6日 (火)

ヒモヅル

2007oct28_kagamiike鏡山の麓を希望ヶ丘の探鳥会の後訪ねてきた。この山は花崗岩でできたやせた山である。この山は低山であるがあちこちに湿地があり珍しい植物も多い貴重な山域だ。

2007oct282その中でも最も重要な植物がこのヒモヅルLycopodium casuarinoides だ。この辺りに点在する湿地の脇で群生しており今のところ生育状況は。良い 2007oct28あちこちの木にからみつき大きいものでは5m以上にも達する。 2007oct281本来東南アジア高地に分布域のある種のようでBorneoのKinabalu山の2000m付近の樹木にからみついていたのを見ている。寒さにはある程度強いのかもしれないが、日本の冬をよく乗り越えて生育しているものだと思います。日本では屋久島では群落を見たことがあるが、他では確認していない。紀伊半島や山口などでも発見されているもののどこも貴重な存在です。国基準絶滅危惧IB類に指定されています。近くには同じグループのシダの暖地性のミズスギや寒地性のヤチスギランも生えている非常に特殊な地域です。2007oct28sawasirogiku_069近くの湿原の脇にサワシロギクがひっそりと咲いていました。少しピンクがかった花も咲いていました。

|

« 希望ヶ丘 | トップページ | ナラタケとクリタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 希望ヶ丘 | トップページ | ナラタケとクリタケ »