« ヒガンバナ | トップページ | 霊仙西南稜 »

2007年10月 5日 (金)

ウラギンシジミ

S2007sep211 クズの花を食べている虫が分かりますか。顔が少しピンク色になり、花にとけこむようにしています。(指摘がありました。顔ではなくおしりのようです。すっかりだまされてしまいました。)S2007sep212 別の個体ですが身体全体が見えています。ずんぐりと太った身体をしています。初めは何の幼虫か分からなかったのですが、Netを通して聞いたところウラギンシジミの幼虫だそうです。S2007oct2_ogoto_001 ウラギンシジミ Curetis acuta Moore その気になってみていると、雄琴川のまわりはクズがたくさん生えている場所に、裏が真っ白な少し大きめのシジミチョウがいる。けっこうすばしこいが写真を撮ってみた。どうやら上の写真のように中がオレンジ色なのが雄でのようだ。S2007oct5_ogoto_008 そして少し地味に見えたが紋が青っぽいのが雌のようだ。ゆっくり羽を開閉しながらクズの葉に停まっていた。S2007oct4_ogoto05 周りには、今アメリカセンダングサやヨメナなどの花が開花しモンキチョウやヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、キアゲハ、アゲハなどが舞っている。

|

« ヒガンバナ | トップページ | 霊仙西南稜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒガンバナ | トップページ | 霊仙西南稜 »