« 霊仙西南稜 | トップページ | ニュウナイスズメ »

2007年10月21日 (日)

白倉

2007oct20 10月20日白倉の中麓を歩いてきた。前日は久しぶりにまとまった雨が降りしっとりと濡れ、秋の草花も秋の日差しを受け切れいでした。2007oct20_2ホウキタケの仲間は分類が難しいらしく、名前が分からない。絵合わせでは白いものはホウキタケ、下のはフサヒメホウキタケのようだ。2007oct20_3 木の根元には硬く詰まったオレンジ色の5cm程度のキノコが生えていた、名前が分からないが、カエンタケに似ているが色が薄いようだ。2007oct20_4 これは何だろう。この雨で一斉に出てきたようだがクリタケにも似ている気がする。2007oct20_5 余りキノコは見つからなかったがカノシタはいっぱいあった。これは持ち帰りスパゲティーにして食べた。2007oct20_6 油との相性が良く洋風に合うようだ。量的には少なかったが今回初めてマツタケを採った。2007oct20_7 地面から頭を少し出していたがフクロタケのような感じで引き出そうとしたら思い切り引き出したら途中で切れた。その途端マツタケの香、この時初めて気付いた。おれた根元を引き出したら、意外に大きなマツタケだった。家に帰って重さを量ると180g。もちろん、料理して食べたが虫も入っていず、香も最高でした。まともな日本産のマツタケは久しぶりでした。

|

« 霊仙西南稜 | トップページ | ニュウナイスズメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊仙西南稜 | トップページ | ニュウナイスズメ »