« ウラギンシジミ | トップページ | 白倉 »

2007年10月 9日 (火)

霊仙西南稜

2007oct7 10月7日久しぶりに多賀町落合に車を止め、今畑の廃村を登り、笹峠、西南稜を経て最高点1098mを登り、三角点のある山頂1084mで休憩汗フキ峠に下り、落合へと戻るコースをとりました。数年前はフクジュソウの頃に登りましたが今回は秋の登山です。2007oct7_torikabuto 流石に秋も深まった頃花は少ないもののイブキトリカブトはあちこちで花を咲かせていた。2007oct7_torikabuto2 トリカブトの仲間は種類が多くその区別はよく分からない。一応霊仙の石灰岩地に生えているものはそうらしい。2007oct7_aster これはシロヨメナの仲間。あちこちで咲いていた。リュウノウギクも少し咲き始めていたがあと1週間ぐらい。フジテンニンソウやフウロの仲間も咲き残っていた。2007oct7_ouren 山頂付近の岩場はオウレンシダが生えていた。山頂付近もけっこうシカの食害が出ておりシカの好まない植生が増えてきているように思う。2007oct7_ruriboshi 山頂を下がったところにあるお虎ケ池ではオオルリボシヤンマと思われるトンボがさかんに卵を産み付けていました。2007oct7_ruriboshi2 周りの森林は低木や草本層が少なくシカの食害がひどい。2007oct7_karakasatake キノコも探していたがカラカサタケと思われる大きなキノコが登山道脇に生えていたのが印象的でした。汗ふき峠を下り落合について頃は3時でしたが秋の夕暮れは早く、深い谷間はすでに闇が迫っていました。帰り林道脇でミゾゴイが少し飛び、向かい側のガレ場に。独特の格好でくちばしを上げ目だけはしっかりとこっちに向けていました。

|

« ウラギンシジミ | トップページ | 白倉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウラギンシジミ | トップページ | 白倉 »