« 浜分沼 | トップページ | 京都植物園 »

2007年9月26日 (水)

黒河林道・赤坂山

S2007sep2202 快晴の赤坂山、9月22日まだ残暑の残る日であったが、700mの峠は心地よい風が吹いていたススキが穂を揺らしゆっくりと大きなクマタカが飛んでいた。春に来たときは小鳥の声であふれていたが、コオロギやチッチゼミなどの虫の声が寂しく響いていた。S2007sep2208 滋賀県側は福井県側と違い乾燥し岩盤が露出しているせいか、樹木の高さが低く見晴らしがよいちょうどタカ渡りの季節などでしばらく観察していたが上がってこない。渡りと思われるイワツバメとカケスが抜けていった。ここに来た目的は「野鳥の会モニタリングサイト1000」の予備調査のためで本調査の「秋の観察」を10月末に行う計画である。S2007sep2213 S2007sep2211 S2007sep2219 花崗岩のガレ場の水がしみ出す場所にはイワショウブが咲いていた。この場所は初夏キンコウカが咲いていた場所と同じでした。モウセンゴケも多く見られました。S2007sep2227 この辺りはオオバキスミレの多い場所でもあるが今はひっそりと1輪花を付けていました。

|

« 浜分沼 | トップページ | 京都植物園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浜分沼 | トップページ | 京都植物園 »