« 京都植物園 | トップページ | ヒガンバナ »

2007年9月28日 (金)

オオハナワラビ

S2007sep15kyoto_botanical_garden018 オオハナワラビ. Botrychium japonicum (Prantl) Underw 京都府立植物園植物展の審査で9月15日と27日の2回訪れているが、植物園の茂みには植えられたわけではないが、オオハナワラビが多数自生している。この時期芽生えが多くあちこちに大きな株が見られる。S2007sep15kyoto_botanical_garden022 その中には葉の切れ込みやつやが違うものが見られ2種類あるような気がするがフユノハナワラビではないようだ。S2007sep15kyoto_botanical_garden026 芽が出たばかりのオオハナワラビ。高さは5cmほどだが、ワラビのようないわゆるシダ巻きではなく被子植物の複葉で見られるような出方だ。S2007sep15kyoto_botanical_garden031 地面付近で栄養葉と胞子葉は分岐しその後胞子葉は高く伸びていく。

|

« 京都植物園 | トップページ | ヒガンバナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都植物園 | トップページ | ヒガンバナ »