« 黒河林道・赤坂山 | トップページ | オオハナワラビ »

2007年9月27日 (木)

京都植物園

S2007sep15kyoto_botanical_garden11 9月15日京都府立植物園の植物作品展に行ってきた。その後園内を歩いてきた。この大きな花、なんだと思いますか。温室内に咲くアフリカバオバブAdansonia digitataです。白く垂れ下がったように咲いていますが、日本の花を見慣れているせいかとても異様な花です。S2007sep15kyoto_botanical_garden017 ユキミバナ Strobilanthes wakasana 1993年、福井県の若狭地方で発見されたキツネノマゴ科の新種で滋賀県にも分布している。地を這うように広がっていた。花はポツポツと長い期間咲き雪が降る頃まで咲くためこの名が付いたのでは。S2007sep15kyoto_botanical_garden042 宿根草有用植物園の池にはオニバス Euryale ferox が咲いていた。葉は直径1m以下で亀岡の池で去年見たものとは比べものにならないぐらい小さいが、すぐ近くで開花が確認できた。S2007sep15kyoto_botanical_garden048 センノウ
Lychnis bungeana 'Senno' 幻の園芸植物と名付けられていました。室町時代、中国から京都嵯峨の仙翁(せんのうじ)寺に伝わったことからこの名が付いたようです。フシグロセンノウはよく見るがこの花は見たことがなかった。

|

« 黒河林道・赤坂山 | トップページ | オオハナワラビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒河林道・赤坂山 | トップページ | オオハナワラビ »