« 水鳥繁殖調査 | トップページ | 水鳥繁殖調査2 »

2007年6月14日 (木)

ハッカチョウ繁殖

S2007jun13_017ハッカチョウAcridotheres cristatellus  国道沿いの人通りの激しい場所で、営巣しているのに数日前に気がついた。6/14日にカメラを提げて、写しに行った。 ハッカチョウについては以前にもこのブログに書いたのだが、去年にも繁殖したのではと思っていたら、夏の間しばらく見なくなっていた。今年は春から雄琴周辺でよく見かけるので、営巣場所を探していた。http://nionoumikara.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_315b.html  雄琴の旧市街をウロウロしてツバメの営巣場所等も確認していたが、見あたらなかった。2007jun13_033そうしていたところ雄琴の建設用の重機などをレンタルしている会社の看板の裏から顔を出すハッカチョウを見つけた。S2007jun13_021また、さらにもう1羽が近くの電柱に止まっていた。ここは多くのムクドリも営巣しているようで、時々威嚇をしている。ムクドリより一回り大きく、明らかにハッカチョウが強い。どうやら現在、抱卵中かすでに小さい雛がかえっている状態かも知れない。移入種だとすると、繁殖の成功はよろこばしいことではないし・・・。ちょっと複雑。S2007jun13_018  ハッカチョウ は真っ黒い鳥だが飛ぶと羽に白い模様が目立つ。くちばしの上の冠羽もよく目立つ。S2007jun13_072 先ほどの電柱で2羽が出会う。オス・メスだと思うが性差は感じない行動から上に止まっているのが雌だと思う。S2007jun13_054 もっぱら上の方に止まっている方が看板の裏に入り、下の方が電柱で監視しているように思う。目の虹彩の色はやや雌と思っている方が赤いように思える。S2007jun13_080 しばらくしてまた看板の裏に戻っていった。S2007jun13_085 ややハッカチョウにとっては隙間が狭いのか、入るのに手間取っていた。しばらく観察して、繁殖の成否をとにかく確認することにしよう。

|

« 水鳥繁殖調査 | トップページ | 水鳥繁殖調査2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水鳥繁殖調査 | トップページ | 水鳥繁殖調査2 »