« トビ | トップページ | いきものふれあいの里探鳥会 »

2007年6月 8日 (金)

チュウサギ

S2007may14_ogoto_027チュウサギ 英語名はIntermediate Egret , Yellow-billed Egret,学名は(Ardea intermedia) S2007may14_ogoto_0265月になると雄琴付近は水が張った水田が広がります。そこへ冬はいなかったチュウサギやアマサギがたくさん渡ってきます。この頃の水田はヤゴやアメリカザリガニ、ドジョウなども多いようです。水田を歩き回りながら餌を探します。英名ではYellow-billed だがこの頃のチュウサギは目先の色は黄色でくちばしは黒い。 繁殖期なので近くで営巣を始めているのかも知れない。琵琶湖の付近はアオサギが増え、チュウサギは減少気味だったが、このところ少し個体数が増えてきた気がする。S2007may14_ogoto_032頭を下げ餌を狙っているようだ。S2007may14_ogoto_030何か捕まえたようだがよく分からない。ヤゴか水生昆虫かもしれない。大きなものではない様子。S2007may14_ogoto_035再び歩き始めた。コサギと異なり足指は黒い。くちばしもやや太く短め。犬を連れての散歩中だったがすぐ近くでこちらを余り気にせずくつろいでいた。S2007may14_ogoto_017そして、飛び立っていった。(5月14日の雄琴河口付近での観察)

|

« トビ | トップページ | いきものふれあいの里探鳥会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トビ | トップページ | いきものふれあいの里探鳥会 »