« 伊吹2~6合目 | トップページ | トビ »

2007年5月22日 (火)

千葉房総のシギ

2007may5  この5月は忙しく気がついたらずいぶん書いていなかったよう。5月の連休に観察したものをずいぶん時季はずれになってしまったが紹介したいと思う。5月5日房総白浜の海岸は晴れてはいるがやや風が強い。白浜というが実際には黒っぽい岩礁と、砂鉄を多く含む砂浜で、とても「白い」浜とは言い難い。海岸はハチジョウススキが枯れ色が強い中から新緑の葉が伸び、ハマヒルガオやハマエンドウが満開。いよいよ華やかな季節になってきた。植物はさておき岩礁のシギを紹介します。2007may5_32007may5_7後ろから見ると下尾筒の部分まで縞模様があるがそれほど背の色は黒くない。2007may5_kiasisigi7横から見ると翼端は明らかに尾端より長い。

干潟と違って見晴らしが悪く見つけにくい。割合たくさんいるが、なかなか写真は撮れない。この日確認したのは、ダイシャクシギ、チュウシャクシギ、ハマシギ、おそらくコチドリ、そして写真が撮れたのが「キアシシギ」とキョウジョシギです。実は確認したかったのが房総南端の「キアシシギ」でそれを中心に撮影した。もう少し色の濃いいかにも「メリケン」ぽいものもいたが、撮影できて、どうにか紹介できそうなのものを選んだ。縞模様の入り方や尾羽の長さと翼端の比較を中心に見たが、なかなか自信が持てない。2006may3 谷津干潟のキアシシギと比較したのだけどどうでしょうか。房総の岩礁地帯のキアシシギは何となくメリケンキアシシギに思えてくるのですが。誰かコメント下さい。2007may5_8海岸の波が打ち寄せる中のキョウジョシギは美しい。写真には撮れなかったがシノリガモの10羽程度の群れもいた。時間的に余裕のない中での観察でしたがまあ満足でした。

|

« 伊吹2~6合目 | トップページ | トビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊吹2~6合目 | トップページ | トビ »