« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の2件の投稿

2007年5月22日 (火)

千葉房総のシギ

2007may5  この5月は忙しく気がついたらずいぶん書いていなかったよう。5月の連休に観察したものをずいぶん時季はずれになってしまったが紹介したいと思う。5月5日房総白浜の海岸は晴れてはいるがやや風が強い。白浜というが実際には黒っぽい岩礁と、砂鉄を多く含む砂浜で、とても「白い」浜とは言い難い。海岸はハチジョウススキが枯れ色が強い中から新緑の葉が伸び、ハマヒルガオやハマエンドウが満開。いよいよ華やかな季節になってきた。植物はさておき岩礁のシギを紹介します。2007may5_32007may5_7後ろから見ると下尾筒の部分まで縞模様があるがそれほど背の色は黒くない。2007may5_kiasisigi7横から見ると翼端は明らかに尾端より長い。

干潟と違って見晴らしが悪く見つけにくい。割合たくさんいるが、なかなか写真は撮れない。この日確認したのは、ダイシャクシギ、チュウシャクシギ、ハマシギ、おそらくコチドリ、そして写真が撮れたのが「キアシシギ」とキョウジョシギです。実は確認したかったのが房総南端の「キアシシギ」でそれを中心に撮影した。もう少し色の濃いいかにも「メリケン」ぽいものもいたが、撮影できて、どうにか紹介できそうなのものを選んだ。縞模様の入り方や尾羽の長さと翼端の比較を中心に見たが、なかなか自信が持てない。2006may3 谷津干潟のキアシシギと比較したのだけどどうでしょうか。房総の岩礁地帯のキアシシギは何となくメリケンキアシシギに思えてくるのですが。誰かコメント下さい。2007may5_8海岸の波が打ち寄せる中のキョウジョシギは美しい。写真には撮れなかったがシノリガモの10羽程度の群れもいた。時間的に余裕のない中での観察でしたがまあ満足でした。

| | コメント (0)

2007年5月 2日 (水)

伊吹2~6合目

S2007apr29220 2合目付近の登山道に咲くヤマナシ。   連休前半4月29日は伊吹山の中麓を歩いてきた。今年は春画の進行が早いと思っていたが結局3月の寒さの戻りやらで、ほぼ同じぐらいの季節の進行となった。今年伊吹に来たのは3月12日に次いで2回目まだ雪の残る枯れ野いろんな花が咲き乱れる草原に姿を変えていた。S2007apr29403 スミレも多く写真のニオイタチツボスミレや、オオタチツボスミレ、アカネスミレ・・・・等が初夏を思わせる明るい草原に咲いていた。S2007apr29413スキー場の脇の林にはいると名残のスハマソウにくわえイカリソウが花を咲かせていた。まだ新芽が伸び始めたばかりで林床は明るい。S2007apr29419 カタクリも咲き始めていた。S2007apr29417ここのカタクリは少し赤みが濃いような気がする。明るい日差しを浴びてしっかりと開いている。ギフチョウも一瞬だが確認した。S2007apr29428 破れがさも独特の格好で葉を広げ始めている。ヒレンジャクの群れが樹上を通り過ぎていった。S2007apr2936 再び草原に出ると小さいリンドウが咲いている。ハルリンドウであろうか。S2007apr2922イチリンソウ 3合目付近 あえて開きかけの花を横から撮影、ガク片の赤紫が目立つ。S2007apr2925ヤマエンゴサクが見頃。アマナはもうほとんど枯れてしまっていた。このヤマエンゴサクは全体青紫で美しい。色はけっこう変化が大きいようだ。6合目付近までは登ったが時間もなかったので引き返した。次は頂上を目指そう。   

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »