« 朽木の花 | トップページ | アオサギ »

2007年4月 9日 (月)

コブシ

S2007apr702_1 コブシ (辛夷 Magnolia kobus) 4月7日 マキノの湖岸にもソメイヨシノが五分咲きに咲く頃、湿地脇のハンノキ林は所々に白い花を咲かせたコブシの花が目立つようになる。S2007apr710自然に伸びた樹形は左のようになり花付きもよいようだ。ハンノキ林下はノウルシが一斉に伸び花を咲かせている。クサイチゴも白い花を咲かせ、これからは一気に春が進行していきそう。ところでコブシの花を近寄って観察して見るとS2007apr715 つぼみの方がわかりやすいのだが小さい葉が1枚付いている。ただこの葉は花芽を包んでいた鱗片に付着しているようで花が完全に咲くと、落ちてしまい花の根本の緑色の葉だけでタムシバを区別しにくい気がする。S2007apr717滋賀県では琵琶湖周辺の湿地、河川林に多く見られ、葉の展開前に花をいっぱいに咲かせるので、各家庭でにも植えられていることが多い。それに対しタムシバは一般的に山の斜面や尾根筋にも見られる。S2007apr72 花の元には葉は見られず、花付きもよくない。花だけを見比べると区別は難しいが、生えている場所を考え合わせればたいがい想像が付く。

|

« 朽木の花 | トップページ | アオサギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朽木の花 | トップページ | アオサギ »