« ハッカチョウ | トップページ | 伊吹2~6合目 »

2007年4月25日 (水)

山科川下流・木幡池

S2007apr22_004  4/22は京都植物の観察会で六地蔵から山科川を下り、宇治川河川敷を歩き、木幡池のまわりをめぐり六地蔵に戻った。今にも雨が降りそうな(実際は小雨が降っていた)天気ではあったが何とかゆったり予定通りに回れた。全体的に春の帰化植物が多い。S2007apr22_001 山科川ではカラクサケマン、が群生、どうやらニセカラクサケマンではないかとのこと。[環境設計のHP:花は白で先端が濃ピンク,萼片は花の1/2,花の側面に付く,果実は下向きに曲がる。]とあるがカラクサケマンとの区別点がよく分からない。でもツル状に伸び辺りを一面覆い尽くしている。河原はカラシナが茂り、取り立てて珍しい植物は多くないがセッカが鳴き、キジが叫ぶのどかな雰囲気だ。最後の木幡池では温水の流れ込む辺りには冬を越えたボタンウキクサがすでに水面を覆い始めている。ノウルシも少しだけだが残っていた。あちこちでヒクイナがさかんに囀っていた。S2007apr22_050 池の縁で死んだ動物の死体ネコかと思ってひっくり返すと、大きな門歯が見える。明らかにネズミの仲間だ。とするとヌーとリアかマスクラットなどだろう。この池にもけっこう定着しているようですね。

|

« ハッカチョウ | トップページ | 伊吹2~6合目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハッカチョウ | トップページ | 伊吹2~6合目 »