« 湖北探鳥会 | トップページ | 春の花1-福井大飯町 »

2007年3月12日 (月)

湖北探鳥会+伊吹

2007mar10maibara_026 3/10日の探鳥会後伊吹野を昼から歩いてきた。3月に入り8日頃から少し雪が降り少し残雪のある伊吹西麓の小泉付近はフキノトウがあちこちに顔を出していました。セツブンソウはすでに終わり種ができはじめていましたが、同じ場所の斜面はキバナノアマナが黄色い花を咲かせていました。2007mar10maibara_023 キバナノアマナのまわりは柔らかな春の日差しを受けて、オオイヌノフグリやコハコベの花も咲き付近の林下にはスハマソウが白い花を咲かせていました。その後伊吹1合目に車を止め3合目付近まで歩いてきました。500m付近の標高ではやはりまださすがに冬。暖冬で雪は少ないもののまだ枯れ野原。2007mar10maibara13_003 ここは2合目から少し上がった場所で標高600m付近。数日前に降った雪が残っています。登山客に聞いた話ではアマナとセツブンソウは見たとの事だが私は見つけられませんでした。2007mar10maibara13_010 鳥はホオジロやシジュウカラ、ウソ等がおり2合目付近ではオオマシコに出会いました。2007mar10maibara13_1 この日は植物観察を目的にしていたので、カメラはマクロレンズ、双眼鏡すら手元に置いていなかったときの出逢いです。肉眼での観察で赤い鳥、特に背中の赤が強烈でした10数羽の群れで行動しており警戒心が比較的少なく 、60mmマクロで証拠を兼ねて撮影したものをトリミングしたものです。5mぐらいの距離での撮影です。鳥を撮ろうと意識していないからこその出逢いなのかも知れません。

|

« 湖北探鳥会 | トップページ | 春の花1-福井大飯町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湖北探鳥会 | トップページ | 春の花1-福井大飯町 »