« タンゴワラビ | トップページ | 横山岳 »

2006年11月17日 (金)

オニバス2

2006oct22_009 オニバス群落 平の沢池 2006/10/222006oct22_047_1 中池群落 平の沢池に近いところに少数、後はヒシ

少し遅くなってしまったのですが、亀岡市馬路町池尻 平の沢池・中池のオニバス群落のその後を記しておきます。7/31の私のブログに夏の様子を載せておきました。http://nionoumikara.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/index.html 6/2に小さい5cm程度のオニバスの葉が浮かんでいるのを見つけ久しぶりの大群落の予感がありました。7/30に訪ねたときは池いっぱいの群落ができておりました。夏の終わりにもう一度見に行きたいと思いつつ、結局行けたのは10/22でした。ここで紹介するものはその時の写真です。2006oct22_002すでにほとんどの葉が枯れ始め再び水面が見えるようになり、すでにカモが泳いでおりました。それでもまだ花は多く見られイガのような果実ができ、種が成熟しているものが多いようです。2006oct22_057 花はほとんど閉鎖花で、赤紫の花弁が見えるだけで花が開かずそのまま種子ができるようです。花が咲いた後、果実は再び水面下に沈み、成熟した後くずれ、粘膜で被われた1cm程度の丸い種が飛び出してくるようです。2006oct22_033 それが水面を漂いそのうちに沈み泥の中で次に発芽する時を待つようです。酸素の少ない泥の中では数10年以上生き延びそして発芽することもあるようです。来年はこの地にオニバス群落ができるのでしょうか?

|

« タンゴワラビ | トップページ | 横山岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タンゴワラビ | トップページ | 横山岳 »