« アワコガネギク | トップページ | タンゴワラビ »

2006年11月 6日 (月)

ニホンザル

2006nov4_15_211/12は 西浅井大崎付近の道路をニホンザルの群れが多数でていた。かなりの大きな群れで30頭近くはいるように思えた。上のサルはアザミの花を採って食べていた。2006nov4_18 道路を歩く体格のよいオスザル。堂々としている。2006nov4_19 車がひっきりなしに通るが通過する車に対しては横の茂みでやり過ごし、私のように車を停車させると斜面を駆け上り距離をとる。車から降りて写真を撮ろうとすると更に距離をとるようだ。2006nov4_31道路脇の茂みから様子を見ているメスザル。若ザルや小ザルも、赤ちゃんを抱いたメスザルも多く見られた。時間は16:00頃すでに暗くなり始め写真を撮るには条件がよくない。何枚かとれたがピンぼけばかり。やはり野生猿の撮影は難しい。地域の人からは、畑を荒らすためか、かなり嫌われている。 人間との共存は難しいが、今後どのように付き合っていけばよいのだろうか。

|

« アワコガネギク | トップページ | タンゴワラビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アワコガネギク | トップページ | タンゴワラビ »