« ヒメホタルイ | トップページ | Nambung NP »

2006年10月 1日 (日)

高島の水辺の植物

2006sep30takashima_imadu_hamabun_02 フサタヌキモ Utricularia dimorphantha 9月30日に高島市の水辺を回ってきました。最近は滅多に見ることの無くなった植物ですが、ここはまだ細々と残っています。再発見の年は大発生し水域全体に広がったのですが、最近は非常に少なくなっています。ノタヌキモにも似ていますが捕虫嚢は少なく写真ではほとんど見えません。ここ数年はフサジュンサイやコウホネ、ヒシ等が茂りずいぶん少なくなっています。いつまで持つことでしょうか。2006sep30takashima_imadu_hamabun_29 ミズトラノオ  Pogostemon yatabeanusこれも最近少なくなった植物だが、ここの自生地は多少広がり気味です。ヨシの間で美しいきれいな花をいっぱいに咲かせています。メスアカヒョウモンなどが吸蜜に来ていました。2006sep1803 同じ仲間にミズネコノオPogostemon stellatusがありますが、こちらも滋賀県でずいぶん少なくなっています。写真は9月18日に撮影したものです。2006sep30takashima_imadu_hamabun_34_1 これはオヒルムシロPotamogeton natans 花はついていないし水中葉はこの写真では確認できないのですが、湧水が流れ込む川で小規模な群落を作っています。今回はミズアオイは見つける事はできませんでした。

|

« ヒメホタルイ | トップページ | Nambung NP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81587/3651819

この記事へのトラックバック一覧です: 高島の水辺の植物:

« ヒメホタルイ | トップページ | Nambung NP »