« 島根の溜池 | トップページ | 下物探ちょう会 »

2006年8月20日 (日)

コウホネ

2006aug19_017 コウホネ(河骨) スイレン科 Last modified2006aug19_008 (ヒメコウホネかもしれないが琵琶湖のまわりにはいろんなタイプがありひとまずコウホネとしておきます。)

8月19日、ツクツクホウシがうるさく鳴く里山、湖東蒲生鋳物師にある大溜(内座が谷溜)を久しぶりに滋賀植物同好会の方々と訪ねた。以前に訪ねたときは満々と水を蓄えていたのだが、今回は水が抜かれ水位が2m近く下がり深い場所に水が残っているだけでした。水生植物も影響を受けジュンサイも一部は干上がり状態は良くない。2006aug19_030 溜池の奥にあるコウホネ群落は完全に湿地植物になりまるでリュウキンカのような雰囲気で生えていた。その間には本来沈水性の植物のオグラノフサモと思われる植物が芽を出していた。他にもムカゴニンジンやカンガレイ、キキョウ、コカモメズルなどが咲き始めていた。

|

« 島根の溜池 | トップページ | 下物探ちょう会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81587/3145972

この記事へのトラックバック一覧です: コウホネ:

« 島根の溜池 | トップページ | 下物探ちょう会 »