« アサザ | トップページ | ヒカゲノカズラ »

2006年6月28日 (水)

ヒメビシ

2006jun25_002_1 ヒメビシTrapa incisa

八日市柴原南町の宮溜は、元々滋賀県内で絶滅が心配されているヒメビシの大群落があった場所でした。それが5年ほど前に全面的な改修工事が行われその後ヒメビシの種がまかれたところである。ごく一部にビオトープが作られたが現在は見る影もなくなっている。毎年見に行っているが一部以下にも保護され植えられたと思われるヒメビシがあったのみです。実質的には全滅状態です。

その頃の新聞によれば以下引用「池の底には宮溜の底の土を搬入、調整池本体と池の間には通水管が設けられ、調整池本体の水位が低下しても池の水位を生育に適した0.5―1メートルに保ち、水位上昇時には魚など他の水性生物も移動可能となるなど、自然の水温調整、水質調整なども考慮した。流入水は、名神高速道路をはさんだ隣にある馬溜と水田の余水、ダム用水を供給。」とあるが実際には、水草が豊富で素晴らしい環境の馬溜は今は水質が悪化しジュンサイすらほとんどなくなり、フサジュンサイが全面に広がる池になってしまった。改修前はコウホネ、ヒツジグサ、ノタヌキモ、イヌタヌキモ、ヒメタヌキモ、ジュンサイ、ヤナギスブタ、ホソバミズヒキモ、フトヒルムシロが育つ池でした。

|

« アサザ | トップページ | ヒカゲノカズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81587/2416705

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメビシ:

« アサザ | トップページ | ヒカゲノカズラ »