« コケ | トップページ | ホウネンエビ 田んぼの生き物2 »

2006年6月 7日 (水)

カイエビ 田んぼの生き物

2006jun7ogoto_001

2006jun7ogoto_007

2006jun7ogoto_021

田植えを終え、やや落ち着いてきた水を張った田んぼでは、いろんな生物が見られます。まだイネも伸びていないので、日の光が差し込み明るい水中は、泥の表面に植物プランクトンが大量発生し、それを餌とするミジンコが大量発生します。その中で5mmを越え二枚貝のような形をした生き物がせわしなく動いています。これはカイエビと呼ばれ、イネが伸び暗くなると共に水干しされると卵を産み死んでいきます。滋賀県には4種類のカイエビの生息が確認されています。種類はカイエビ、タマカイエビ、ヒメカイエビの一種、トゲカイエビだそうです。詳しいことを知りたい方はhttp://www.lbm.go.jp/publish/umindo/volume14/umind14f.htmlを参考にしてください。

|

« コケ | トップページ | ホウネンエビ 田んぼの生き物2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81587/2111637

この記事へのトラックバック一覧です: カイエビ 田んぼの生き物:

« コケ | トップページ | ホウネンエビ 田んぼの生き物2 »