« 千葉の自然 | トップページ | カレーカズラ »

2006年5月11日 (木)

琵琶湖の湖岸

雄琴付近の琵琶湖岸の水田は、すっかり田植えが終わりイネが育ち始めています。ケリがさかんに囀り、タシギやアオアシシギの姿がありました。湖畔のヨシ原ではオオヨシキリが大きな声を張り上げています。

ヒロハウシノケグサの穂が立ち上がり、ヒメスイバの花、ツボミオオバコが目立ち、カンサイタンポポは盛りを過ぎました。セイヨウタンポポは綿毛ばかりがよく目立ちます。最近はナガミヒナゲシが増えているようで、所によっては群生しオレンジ色の花が風に揺れています。美しい風景ですが、帰化植物なので・・・。

2006may6_004

|

« 千葉の自然 | トップページ | カレーカズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81587/1757845

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖の湖岸:

« 千葉の自然 | トップページ | カレーカズラ »