« 湖畔の春 | トップページ | 伊賀のタンポポ »

2006年4月 8日 (土)

イヌスギナ

今日は昼から高島町マキノに出かけた。湖北は桜が咲いていない。今日の天候のせいで気温が低く風も強いため、冬に逆戻りした感じ。

2006apr8_001

湖岸のノウルシはずいぶん伸びてきてはいたが花はまだ。マキノのイヌスギナは15cmぐらい伸びている。普通のスギナの胞子穂は丸みがあるがイヌスギナは細長い。やや緑色を帯びる。出たばかりで側枝は出なくても区別はできる。どちらかというと水につかっている所に生え、スギナは土手に多い。カタクリはもう少ししたら咲きそう。清水のエドヒガンもまだ咲いていない。朽木はまだ雪が多く残り、通行止めが続いている。

|

« 湖畔の春 | トップページ | 伊賀のタンポポ »

コメント

はじめまして、丹後半島在住で丹後の自然を写真に撮るのを趣味にしている者です。
イヌスギナを検索中に寄り道をしています。
先日丹後の湿地で季節はずれの土筆に出会い帰宅後図鑑を調べると「イヌスギナ」とあり始めて知りました、あまり意識をせず写真は2枚、観察も出来ていませんのである検索サイトにお伺いをしましたが写真では各部の詳細が確認で出来ず、同定は出来ていません。あなた様のお名前はM
先生が来丹のおりキビシロタンポポの話の中で「目の良い方」とお聞きした記憶があります。(記憶違いかも)。
主に関東から北に生息すると図鑑にありましたが関西地方で生育することがわかりました。。。。取り止めの無いことをコメしました。

投稿: hatakusa | 2010年5月25日 (火) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81587/1333554

この記事へのトラックバック一覧です: イヌスギナ:

« 湖畔の春 | トップページ | 伊賀のタンポポ »